欧州市場でドル・円は伸び悩み、130円70銭台で推移する。米10年債利回りは底堅く、先高観からドル買いに振れやすい地合いに変わりはない。また、株高期待の円売りは継続。ただ、前週末から131円付近の売りに一段の上昇を抑えられ、上値の重さが意識される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円66銭から130円82銭、ユーロ・円は140円38銭から140円62銭、ユーロ・ドルは1.0738ドルから1.0751ドル。