欧州市場でドル・円は小動きとなり、130円70銭台での推移が続く。時間外取引の米ダウ先物は強含み、今晩の米株高を期待した円売りに振れやすい。また、米10年債利回りの先高観から、ドル買いも継続。ただ、具体的な材料は乏しく、全般的に動意が薄い。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円65銭から130円82銭、ユーロ・円は140円32銭から140円62銭、ユーロ・ドルは1.0738ドルから1.0751ドル。