7日午後の東京市場でドル・円は132円90銭台と、高値圏を維持。米10年債利回りの先高観から、引き続きドル買いに振れやすい。一方、豪準備銀行は市場予想を上回る利上げに踏み切り、豪ドルは急伸。しかし、買いはすぐに一巡し、発表前の水準に失速した。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は131円87銭から132円95銭、ユーロ・円は141円00銭から142円05銭、ユーロ・ドルは1.0670ドルから1.0700ドル。