7日のニューヨーク午前の外為市場でドル・円は、132円90銭から132円32銭まで下落した。米10年債利回りが3.03%台から2.95%台まで低下し、持ち高調整的なドル売りが優勢になったとみられる。



 ユーロ・ドルは1.0652ドルから1.0710ドルまで上昇。ユーロ・円は141円38銭まで下落後、141円90銭まで上昇した。



 ポンド・ドルは1.2482ドルから1.2589ドルまで上昇。ドル・スイスフランは0.9778フランから0.9720フランまで下落した。