8日午前の東京市場でドル・円は133円03銭近辺で推移。一時133円21銭まで買われたが、リスク選好的な円売りは一巡しつつある。ただし、日本銀行の金融政策は当面変更されることはないとの見方は多く、ドル売り・円買いがただちに拡大する可能性は低いとみられる。ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円58銭から133円21銭、ユーロ・円は141円84銭から142円36銭、ユーロ・ドルは1.0684ドルから1.0708ドルで推移。