日経平均は81円高(13時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、ヤマハ<7951>などがプラス寄与上位となっており、一方、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ファナック<6954>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、鉱業、石油石炭製品、その他製品、繊維製品、輸送用機器が値上がり率上位、海運業、電気・ガス業、鉄鋼、証券商品先物、電気機器が値下がり率上位となっている。



日経平均はやや上値が重いものの底堅く推移している。朝方は底堅かった香港ハンセン指数や上海総合指数が軟調で東京市場の株価の重しとなる一方、午前に下落していたダウ平均先物が下げ幅を縮める動きで、東京市場の株価下支え要因となっているようだ。