9日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、134円10銭台に値を戻している。米10年債利回りは下げ止まり、ドル売りは後退。また、米連邦準備制度理事会(FRB)と日銀の政策スタンスの違いを意識したドル買い・円売りで、目先は135円を目指す展開に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円22銭から134円56銭、ユーロ・円は143円64銭から144円18銭、ユーロ・ドルは1.0709ドルから1.0733ドル。