10日午後の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、134円10銭台に戻した。米連邦準備制度理事会(FRB)と日銀の政策スタンスの違いが材料視され、ドル買い・円売りに振れやすい。一方、クロス円はそれに追随するものの、株安が嫌気され円売りは抑制されているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は133円92銭から134円48銭、ユーロ・円は142円28銭から142円79銭、ユーロ・ドルは1.0611ドルから1.0635ドル。