10日午後の東京市場でドル・円は続落し、一時133円63銭まで下げた。主要中銀による金融引き締めで全般的に株安に振れやすく、リスク回避的な円買いが観測される。米株式先物は現時点で小高く推移しているが、引き締めへの思惑から株安が警戒されよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は133円63銭から134円48銭、ユーロ・円は142円11銭から142円79銭、ユーロ・ドルは1.0611ドルから1.0639ドル。