米6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は50.2と、5月58.4から大幅低下し、過去最低を記録した。米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ期待指数として注視している同指数の1年期待インフレ率速報値は5.4%と5月5.3%からさらに上昇。1982年来の高水準に並んだ。また、5-10年期待インフレ率速報値は3.3%と、2008年来の高水準となった。FRBは特に長期期待インフレの上昇を警戒しており、結果は引き締め加速を正当化することになる。



消費者信頼感指数は過去最低を記録も、インフレ期待が上昇しており、ドル買いは継続。ドル・円は米金利上昇に伴うドル買いと、リスク回避の円買いに134円40銭から134円00-05銭へじり安推移。ユーロ・ドルは1.0580ドルから1.0509ドルまで下落した。





【経済指標】

・米・6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:50.2(予想:58.1、5月:58.4)

・米・6月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値:5.4%(5月:5.3%)

・米・6月ミシガン大学5-10年期待インフレ率速報値:3.3%(5月:3.0%)