14日午後の東京市場でドル・円は小幅に値を下げ、134円50銭台に失速。米10年債利回りの低下でややドル売りに振れ、ユーロ・ドルは1.0450ドルに値を上げた。一方、時間外取引の米ダウ先物は上げ幅を拡大し、株高期待の円売りがクロス円を押し上げた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は133円87銭から134円80銭、ユーロ・円は139円48銭から140円67銭、ユーロ・ドルは1.0396ドルから1.0450ドル。