NY外為市場でドル・円は心理的節目である135円を達成し、135円01銭まで上昇した。米10年債利回りは3.45%まで上昇し、2011年来の高水準となった。



米連邦準備制度理事会(FRB)は本日から2日間にわたる連邦公開市場委員会(FOMC)を開始。市場は0.75%の利上げ観測を強め、米国債が一段安となった。