14日のニューヨーク外為市場でドル・円は134円24銭から135円01銭まで上昇し、引けた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が6月、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)での0.75%の利上げを織り込み、債券利回りが上昇しドル買いが加速した。


  


ユーロ・ドルは1.0469ドルから1.0407ドルまで下落し、引けた。予想を下回った独6月ZEW景気期待指数を受け域内の景気減速懸念にユーロ売りが続いた。



  


ユーロ・円は140円76銭から140円02銭まで下落。


 

ポンド・ドルは1.2100ドルから1.1981ドルまで下落した。英国の景気減速懸念を受けたポンド売りが継続した。




ドル・スイスは0.9932フランから1.0028フランまで上昇した。


  




  



[経済指標]  
・米・5月生産者物価指数:前月比+0.8%(予想:+0.8%、4月:+0.4%←+0.5%)
・米・5月生産者物価コア指数:前月比+0.5%(予想:+0.6%、4月:+0.2%←+0.4%)
・米・5月生産者物価指数:前年比+10.8%(予想:+10.9%、4月:+10.9%←+11.0%)
・米・5月生産者物価コア指数:前年比+8.3%(予想:+8.6%、4月:+8.8%)