15日午後の東京市場でドル・円は135円台と底堅いが、ほぼ変わらずの値動き。今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を控え、全般的に動意が薄い。日経平均株価の下げ渋りで日本株安を嫌気した円買いは抑制され、主要通貨は対円で下げづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円88銭から135円59銭、ユーロ・円は140円71銭から141円29銭、ユーロ・ドルは1.0414ドルから1.0451ドル。