15日午後の東京市場でドル・円は本日安値を更新し、一時134円64銭まで値を下げた。欧州中銀(ECB)は本日、臨時の理事会を開催し国債市場の下落について協議する。それを受け思惑的なユーロ買いが強まり、ユーロ・ドルの上昇がドル・円を下押ししたようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円64銭から135円59銭、ユーロ・円は140円61銭から141円29銭、ユーロ・ドルは1.0414ドルから1.0474ドル。