欧州市場でドル・円はじり安となり、一時134円39銭まで値を下げた。本日開催される臨時の欧州中銀(ECB)理事会への思惑でユーロは底堅く、ドルの下押し要因に。また、米10年債利回り緩やかな低下が続き、ドルは売られやすい地合いとなっている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円39銭から134円78銭、ユーロ・円は140円97銭から141円49銭、ユーロ・ドルは1.0465ドルから1.0507ドル。