16日午後の東京市場でドル・円は134円30銭台と、ほぼ変わらずの値動き。全般的に動意が薄く、積極的な売り買いは手控えられている。米10年債利回りは戻りが鈍く、ドル買いは仕掛けづらい。一方、株価指数は上昇一服で、一段の円売りは出にくいようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は133円70銭から134円68銭、ユーロ・円は139円68銭から140円60銭、ユーロ・ドルは1.0431ドルから1.0469ドル。