欧州市場でドル・円は132円前半に下げた後はやや値を戻し、足元は133円台で推移する。英中銀は金融政策委員会(MPC)で、0.25%の利上げを決定。市場の想定通りで特にサプライズはなく、ポンドはドルやユーロ、スイスフランなどに対して売りが強まった。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円30銭から134円33銭、ユーロ・円は137円84銭から139円73銭、ユーロ・ドルは1.0384ドルから1.0424ドル。