17日午後の東京市場でドル・円は133円80銭台と、ほぼ変わらずの値動き。15時半からの黒田日銀総裁会見を控え、全般的に動意が薄い。一方、日経平均株価は軟調地合いだが、上海総合指数などアジアの主要指数はプラスで推移し、円買いは入りづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円17銭から134円63銭、ユーロ・円は139円45銭から141円72銭、ユーロ・ドルは1.0517ドルから1.0560ドル。