20日午前の東京市場でドル・円は135円20銭台で推移。日米金利差拡大を想定したドル買い・円売りは続いており、新たなドル売り材料が提供されない場合、ドル・円は本日中に136円台に上昇するとの見方が出ている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円94銭から135円44銭、ユーロ・円は141円36銭から142円06銭、ユーロ・ドルは1.0475ドルから1.0496ドルで推移。