21日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、135円10銭付近の水準を維持している。日経平均株価は前日比475円高と強含んで取引を終え、日本株高を好感した円売り振れやすい。一方、ポンドが動意づき、ドルやユーロ、スイスフランに対し下落した。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円92銭から135円21銭、ユーロ・円は141円97銭から142円43銭、ユーロ・ドルは1.0509ドルから1.0542ドル。