22日午後の東京市場でドル・円は底堅く、136円20銭付近で推移。日経平均株価は下げに転じ、日本株安を嫌気した円買いに振れやすい。米株式先物の下げ幅拡大も、円買いを支援する。ただ、ドル・円は上昇基調が意識され、136円台を維持している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円05銭から136円71銭、ユーロ・円は142円93銭から144円02銭、ユーロ・ドルは1.0502ドルから1.0539ドル。