22日午後の東京市場でドル・円は136円20銭台と、ほぼ変わらずの値動き。米10年債利回りの下げ渋りでユーロ・ドルは1.05ドルを割り込み、ドル・円を支える。一方、米株式先物やアジアの主要指数の下げ渋りを受け、株安を嫌気した円買いを弱めた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円05銭から136円71銭、ユーロ・円は142円93銭から144円02銭、ユーロ・ドルは1.0493ドルから1.0539ドル。