22日午後の東京市場でドル・円は136円20銭台と、底堅く推移。クロス円もそれに追随し、下げづらい。全般的に材料難で動意は薄い。一方、この後15時に発表される英国のインフレ指標が想定に沿った内容なら、英中銀の追加利上げを期待したポンド買いが予想される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円05銭から136円71銭、ユーロ・円は142円87銭から144円02銭、ユーロ・ドルは1.0492ドルから1.0539ドル。