欧州市場でドル・円は一時135円79銭まで値を下げたが、再び136円台に値を戻した。米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、主要通貨はドルのほか円に対しても上昇基調に振れている。ドル・円はクロス円に連動するほか、135円台では押し目買いが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円79銭から136円30銭、ユーロ・円は142円78銭から143円23銭、ユーロ・ドルは1.0493ドルから1.0527ドル。