連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は上院銀行委員会証言での質疑応答において、FRBの急速な利上げにより、米国経済が景気後退に陥る可能性を否定しなかった。意図するところではないが、可能性はあると答えた。



米国債相場は続伸。米10年債利回りは3.2%前後から3.12%まで低下。ドル・円は135円85−90銭で戻りが鈍い。ユーロ・ドルは1.0606ドルまで上昇し、10日来の高値を更新した。



一時100ドル超上げたダウは再び下落に転じ、5ドル安で推移している。