23日午後の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、135円70銭台に値を上げた。ユーロやポンドは対ドルで失速し、ドル・円をサポート。一方、日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数はプラスを維持し、アジア株高を好感した円売りが続く。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円12銭から136円28銭、ユーロ・円は142円86銭から144円00銭、ユーロ・ドルは1.0557ドルから1.0581ドル。