27日午後の東京市場でドル・円はじり高となり、134円90銭付近に値を上げた。米10年債利回りの上昇を受けドル売りは後退し、欧州通貨は対ドルで上げ渋る展開に。ドル・円はドル売り後退や円売り継続、さらに米引き締め期待のドル買いで下げづらいもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円53銭から135円22銭、ユーロ・円は142円05銭から142円97銭、ユーロ・ドルは1.0551ドルから1.0575ドル。