28日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、135円30銭付近にやや値を上げた。米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、ユーロ・ドルは1.0580ドル台に戻した。一方、日経平均株価は再びプラスに浮上し、日本株高を好感した円売りが主要通貨を押し上げている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円09銭から135円58銭、ユーロ・円は142円87銭から143円45銭、ユーロ・ドルは1.0570ドルから1.0586ドル。