29日午後の東京市場でドル・円は底堅い値動きで、足元は136円10銭台で推移する。本日発表された豪小売売上高は予想を上回ったが、豪ドルはアジア株安を受けた円買いに下押しされている。ただ、ドル・円は上昇基調を維持し、豪ドルはそれに追随する。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円90銭から136円22銭、ユーロ・円は143円01銭から143円41銭、ユーロ・ドルは1.0518ドルから1.0535ドル。