29日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、135円90銭台から再び136円台に戻した。ドイツのインフレ大幅鈍化の観測でユーロ・円は一時142円70銭台に弱含んだが、足元は下げ一服。一方、米株式先物はプラスを維持し、株高への期待感が円買いを弱めた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円90銭から136円22銭、ユーロ・円は142円80銭から143円41銭、ユーロ・ドルは1.0502ドルから1.0535ドル。