30日午後の東京市場でドル・円はやや失速し、136円50銭付近に値を下げた。前日大きく売り込まれたユーロ・ドルはやや持ち直し、ドル・円の重石に。日米金融政策の違いでドル買い・円売りに振れやすいものの、日経平均株価の大幅安で円売りは抑制されている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円48銭から136円81銭、ユーロ・円は142円54銭から142円84銭、ユーロ・ドルは1.0426ドルから1.0458ドル。