欧州市場でドル・円は底堅い値動きが続き、おおむね136円を維持している。米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め期待で、ドル選好地合いが続く。一方、欧州中銀(ECB)当局者は7月と9月の利上げ方針を維持しているものの、ドル買いに押される展開のようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円13銭から136円36銭、ユーロ・円は142円08銭から142円66銭、ユーロ・ドルは1.0433ドルから1.0466ドル。