1日午後の東京市場でドル・円は一段安となり、一時134円99銭まで値を下げた。米10年債利回りの低下でドル売りが進み、対円では下落基調に。また、米国経済の減速懸念で米株式先物は大きく下げ、リスク回避の円買いが主要通貨を押し下げている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円99銭から135円98銭、ユーロ・円は141円11銭から142円41銭、ユーロ・ドルは1.0450ドルから1.0486ドル。