1日午後の東京市場でドル・円は135円付近と、本日安値圏でのもみ合い。ドル買いと円買いは一服し、ドル・円は方向感が乏しい。ただ、米10年債利回りは下げ渋り、底堅さが意識される。一方、ユーロ・ドルは小幅に値を戻し、ドル・円の重石となっている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円78銭から135円98銭、ユーロ・円は140円93銭から142円41銭、ユーロ・ドルは1.0447ドルから1.0486ドル。