13日午後の東京市場でドル・円は上昇一服となり、137円付近にやや値を下げた。米10年債利回りの上げ渋りでドル買いは後退し、主要通貨は対ドルで底堅い。日米金利差に着目した取引でドル・円は上昇基調を維持するものの、一段の上昇は抑制されている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円70銭から137円25銭、ユーロ・円は137円13銭から137円74銭、ユーロ・ドルは1.0025ドルから1.0045ドル。