13日午後の東京市場でドル・円は失速し、137円を下回る水準に値を下げた。米10年債利回りの上げ渋りでドル買いは後退し、ユーロ・ドルは1.0040ドル付近で底堅く推移する。一方、米株式先物は上げ幅を縮小しており、今晩の株安を警戒した円買いも観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円70銭から137円25銭、ユーロ・円は137円13銭から137円74銭、ユーロ・ドルは1.0025ドルから1.0045ドル。