18日の東京市場でドル・円は軟調。米連邦準備制度理事会(FRB)による大幅利上げへの期待は後退し、朝方の138円59銭から138円前半に。その後はアジア株高で株高を好感した円売りでドルは小幅に戻す場面もあったが、夕方にかけて138円01銭まで下落した。



・ユーロ・円は139円44銭から140円20銭まで上昇した。

・ユーロ・ドルは1.0079ドルから1.0149ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円138円00-10銭、ユーロ・円140円00-10銭

・日経平均株価:休場



【経済指標】

・NZ・4-6月期消費者物価指数:前年比+7.3%(予想:+7.1%、1-3月期:+6.9%)



【要人発言】

・特になし