18日のロンドン外為市場のドル・円は、137円89銭まで下げた後、138円33銭まで反発。米国金利の先高観はやや後退したが、アジア、欧州諸国の株高を意識したドル買い・円売りが観測された。





ユーロ・ドルは1.0120ドルから1.0175ドルまで上昇。ユーロ・円は139円73銭まで下落後、140円65銭まで上昇した。





ポンド・ドルは1.1935ドルまで下落後、1.1992ドルまで上昇。ドル・スイスフランは0.9738フランまで下落後、0.9766フランまで反発した。