19日午後の東京市場でドル・円は本日安値を更新し、137円94銭まで値を下げた。米10年債利回りの低下でややドル売りに振れ、138円を割り込んだ。ユーロ・円やポンド・円もそれに追随。一方、上海総合指数などアジアの主要指数は軟調で、円買いも観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は137円94銭から138円39銭、ユーロ・円は139円70銭から140円36銭、ユーロ・ドルは1.0119ドルから1.0149ドル。