19日午後の東京市場でドル・円は戻りが鈍く、138円付近でのもみ合いに。米10年債利回りの低下でややドル売りに振れ、ユーロ・ドルは1.01ドル台半ばに浮上。一方、クロス円は底堅く、ドル・円をサポートする。日経平均株価の堅調地合いを好感した円売りも続く。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は137円94銭から138円39銭、ユーロ・円は139円70銭から140円36銭、ユーロ・ドルは1.0119ドルから1.0154ドル。