19日午後の東京市場でドル・円は軟調地合いとなり、137円80銭付近でのもみ合いに。15時に発表された英国の雇用関連統計は悪化せず、ポンドはいったん下げた後に買い戻されている。また、ユーロや豪ドルも対ドルで強含み、ドルは下押しされやすい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は137円70銭から138円39銭、ユーロ・円は139円70銭から140円36銭、ユーロ・ドルは1.0119ドルから1.0156ドル。