NY外為市場でユーロは底堅い展開となった。欧州中央銀行(ECB)はインフレ悪化への対処で、今週開催される定例理事会で、大幅利上げを実施するとの思惑が強まった。ユーロ・ドルは欧州市場で1.0269ドルまで上昇後、米国債利回りの上昇に伴うドル買いに1.0223ドルまで弱含んだものの1.0246ドルまで反発。



ユーロ・円は141円23銭の高値から140円70銭へ反落後、141円05銭へじり高。

ユーロ・ポンドは0.8539ポンドの高値から0.8514ポンドまで反落後、下げ止まった。