21日午前の東京市場でドル・円は138円30銭近辺で推移。一時138円55銭まで買われたが、顧客筋などのドル売りが観測されており、ドル上昇は一服。本日開催の日本銀行金融政策決定会合で金融緩和策の現状維持が決定される見込み。金融緩和策の長期化を想定したドル買い・円売りが観測されており、ドル・円は138円台前半で下げ渋る可能性があるとみられている。ここまでの取引レンジは、138円17銭から138円55銭、ユーロ・ドルは、1.0185ドル近辺で推移。ここまでの取引レンジは1.0177ドルから1.0194ドル。ユーロ・円は141円近辺で推移し、取引レンジは140円58銭から141円21銭。