22日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り、137円付近まで下落後は正午にかけて137円半ばに値を戻す展開となった。日経平均株価がプラスに転じ、主要通貨は対円で下げづらい値動きに。また、米10年債利回りが下げ止まり、ドル売りはいったん収束したようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は137円03銭から137円59銭、ユーロ・円は139円98銭から140円64銭、ユーロ・ドルは1.0191ドルから1.0230ドル。



【経済指標】

・日・6月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+2.2%(予想:+2.2%、5月:+2.1%)



【要人発言】

・鈴木財務相

「6月の消費死者物価指数の上昇は、原油をはじめ原材料価格高騰が背景」

「景気の下振れリスクを十分注意する必要がある」