22日午後の東京市場でドル・円は上昇が一服し、137円90銭付近で推移。節目付近の売りで上値が重くなっている。米10年債利回りは横ばいで、積極的なドル買いは入りづらい。一方、日経平均株価は前日比100円超高の堅調地合いで、円売りに振れやすいようだ。







ここまでの取引レンジは、ドル・円は137円03銭から137円95銭、ユーロ・円は139円98銭から140円64銭、ユーロ・ドルは1.0180ドルから1.0230ドル。