22日午後の東京市場でドル・円は一時137円90銭台に浮上したが、その後は失速し137円60銭台に値を下げた。欧州勢とみられるユーロ売りでユーロ・円が下げ、クロス円をけん引。ドル・円はユーロ・ドルに支えられながらも、クロス円に下押しされている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は137円03銭から137円95銭、ユーロ・円は139円98銭から140円64銭、ユーロ・ドルは1.0178ドルから1.0230ドル。