22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、137円00銭から135円57銭まで下落し136円09銭で引けた。7月サービス業・総合PMIが予想外に50を割り込み活動縮小圏に落ち込んだため、景気後退懸念が強まり、米国債相場は急伸。債券利回りの低下に伴いドル売りが加速した。



ユーロ・ドルは1.0172ドルから1.0255ドルまで上昇し、1.0213ドルで引けた。米国のPMIも冴えず欧米金利差拡大観測を受けたユーロ売り・ドル買いが後退。ユーロ・円は139円55銭から138円78銭まで下落した。ユーロ圏7月製造業PMIが予想外に活動縮小となったため景気後退懸念にドイツ連邦債2年物利回りは利上げ前の水準まで低下しユーロ売りが優勢となった。ユーロ圏7月製造業PMIが予想外に活動縮小となったため景気後退懸念にドイツ連邦債2年物利回りは利上げ前の水準まで低下しユーロ売りが優勢となった。ポンド・ドルは1.1940ドルから1.2064ドルまで上昇。ドル・スイスは0.9664フランから0.9600フランまで下落。