■弱含み、国内政治の刷新を期待したポンド買いは縮小



今週のポンド・円は弱含み。一時166円台まで買われたが、国内政治の刷新を期待したポンド買いは縮小したこと、米ドル・円相場が円高方向に振れたことから、ポンド・円は163円近辺まで売られた。ユーロ売り・ポンド買いがやや縮小したことも影響したようだ。取引レンジ:163円01銭-166円25銭。



■もみ合いか、英国の景気後退入りの可能性残る



来週のポンド・円はもみ合いか。直近の英インフレ指標は高水準となり、次回の英中央銀行金融政策委員会(MPC)の会合での利上げ幅拡大を想定したポンド買いが入りやすい。一方で、英国経済のリセッション懸念は根強く、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、リスク選好的なポンド買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。



○発表予定の主要経済指標・注目イベント

・特になし



予想レンジ:162円00銭-165円00銭