25日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、136円30銭台にやや値を上げた。

日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数は軟調地合いとなり、リスク回避的な円買いに振れやすい。ただ、日米金利差が意識され、ドル・円は引き続き下げづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円06銭から136円61銭、ユーロ・円は138円88銭から139円28銭、ユーロ・ドルは1.0181ドルから1.0226ドル。